鎌倉研劇場 プロフィール ディスコグラフィー 掲示板
スケジュール 日記 リンク集
トップページへ戻る 鎌倉研からのお知らせ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「名残りの文字は・・・グッドバイ」

◆6月13日(金)
66年前の今日、太宰治・山崎富江が玉川上水に入水、情死。太宰は富江を本当に愛していたのだろうか?

武蔵野情話  詞・曲 / みなみらんぼう
 雨の武蔵野は吉祥寺 二人でひとつの蛇の目傘
 漫ろに歩けば紫陽花の 影も冷たい井の頭
 二人の命はうたかたの 濁りし水の流れ
 泣けば涙の沁みるほど 渡りきれないむらさき橋

 道化芝居の幕が下りて 外は六月雨の夜
 ぽつりぽつりと思い出を 語り歩いてむらさき橋
 帯の結びのかたさより 二人はきつく結ばれて
 死んでゆきました玉川の 暗い水面に身を投げて



 
| kamaken | kamaken musik | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
「清風南海追憶の譜 Recording 完了」

清風南海追憶の譜(昭和編)通称:助松小唄
    〜我らが金剛会に捧ぐ〜   (詞・曲/ 鎌倉研)
1、夢の入り口希望の扉  潜った時から戦闘開始
  みんな戦友みんな敵  時折見つかる脱走兵 
  嗚呼〜脱走兵
2、紺の詰襟黒ボタン  白いズックに刈り上げ凛々し
  月に一度の頭髪検査 バリカン片手の生活指導 
  嗚呼〜トラ刈り
   (※) 過ぎた時間は 美し哀し 
       北助松の陽は暮れて 清風南海の陽は昇る
3、近所のオバちゃん立ち話   あの子あれでも清風南海
  スゴイなエライなマジメやな これが又々プレッシャー 
  嗚呼〜プレッシャー 
4、溢れる血潮のニキビ面  愛しあの娘は羽衣学園
  届かぬ想いの南海電車 二本のレールは交わらない 
  嗚呼〜交わらない
   (※) 繰り返し
5、倫理社会はプラトン和訳 政治経済ニューズウィーク
  英語英語の底なし沼に  首まで浸かって身に付かず 
  嗚呼〜身に付かず
6、「清風魂」「徳・健・財」 般若心経読誦の虚空
  艱難辛苦の荒波越えて   此処に輝く金剛会 
  嗚呼〜金剛会

   (※) 繰り返し


<Staff>
director&engineer:Kyouichi guitar&vocal:Ken
accordion:Akinori violin:Qchan per.:Bonchan
chorus:Bill observer:Tyusan design:Dali


 
| kamaken | kamaken musik | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「Rough Sample Recording」

◆3月11日(火)
ここは大阪材木町、とあるビルのベイスメント、幻想的なレッドゾーンスタジオ。生意気にもギター
2本使用。過去の録音に見られた内面的脆弱さや萎縮に襲われることもなく、終始リラックスムード。集中と緊張を楽しめた。所謂、Recording High!

良い「プロット(音)」が録れたし、何より現在の「自分の身の丈」を自覚出来たことが喜びだ。これからの作業を思えば多難ではあるが、制作とはそういうもので、期待感の方がはるかに優る。またひとつ新たな物語が始まった。

Special Thanks for Mr.Tyu




 
| kamaken | kamaken musik | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
“DEADLINE”

◆11月6日(水)
この一ヶ月、曲作りに四苦八苦、苦悩の日々だった。やはり物事には何でも締め切りというものが必要だと知った。実は高校の同窓会「金剛会の歌」を頼まれていて、昨日今日辺り、“何となく”出来上がった。「モノヅクリ」に於いては完成・完璧・終着点というのは無いが、生み出す快感というものも知った。

お披露目は今週9日土曜日、ホテルモントレグラスミア大阪、高校創立50周年記念PARTY。さて、金剛会の歌、鑑定や如何に?


| kamaken | kamaken musik | 14:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
「Sonny Boy Williamson 供

◆10月8日(火)
な〜んにも、な〜んにもしたくない。ただボ〜ッと過ごす。難儀なことにボ〜ッとしていても倦怠感がとれない。さて、写真は「Sonny Boy Williamson」というBlues-harpの大御所。倦怠感漲るジャケットがいい。彼の名前の最後に時々「供廚付くことがある。それはホンモノのSonnyの芸名を騙ったからで、皮肉にも偽者がホンモノより有名になってしまった。つまり真作を凌ぐ贋作というわけか?(もちろんそれだけの才能と技巧を持ち合わせてのこと)。ボクは彼の人生に共鳴と憧憬を抱く、これぞBlues-men、シブイゼ〜、オヤジ!


 
| kamaken | kamaken musik | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「月灯りに独白」

なかなか寝付かれない夜には
女のコトでも考えながら
暗い部屋の片隅で
また一本、煙草に火をつける

窓の外では野良犬たちが
今夜の夢を漁ってる
蒼く透き通った月灯りに
俺は独り言を投げつける

近頃こんな夜がいつになく
寂しく想うようになった
虚しい俺の独り言
夜空に消えて見えなくなって

なかなか寝付かれない夜には
女のコトでも考えながら
暗い部屋の片隅で
また一本、煙草に火をつける



| kamaken | kamaken musik | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
「Recording です。」


◆9月12日(木)「太陽ぬ荘@藤沢」
Making VTR 作製のため、浅草から大極カメラマン同行。東京駅で親友Mr.Tと待ち合わせ、さあ、藤沢。ディレクターの石原さん、ベースのブンちゃん、そして今日会えるのを楽しみにしていたギターの二三男くん(彼とは20数年ぶり?いやもっとかなあ・・・↓↓↓)。

今日は基本の「音」を録る。それでもギターだけで4チャンネル、ボーカルに、ベース、コーラスで9チャンネル!贅沢で分厚い「原形」が出来た。これから、どうアレンジされるかがとても楽しみだ。大阪・和泉には午後11時40分到着。疲れたワン!
追伸:Dear Mr.T 、遠くからどうもありがとう!
   




| kamaken | kamaken musik | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
「Osaka Blues 」


◆9月10日(火)
いよいよ明日浅草。染の社長のスピーディーな実行力は不思議だ(スピーディー・ワンダー!)。明日が最終打ち合わせ、明後日は藤沢での録音になった。「浅草ブルース」の原曲「Osaka Blues」が youtube で聴ける。ボクも初めて見た!自分の唄やステージは1回見たらもういい・・・(笑)。興味のある方は下記 URL を。バックの二人、ベースは岡嶋BUN善文(明後日も参加してくれます)。ピアノは井山明典。
<Osaka Blues>
http://www.youtube.com/watch?v=bens0Bp7LyE



| kamaken | kamaken musik | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
「浅草ブルース」


◆9月8日(日)
鎌倉研の数ある名曲中の名曲?「大阪ブルース」をご存知でしょうか。この度「浅草ブルース」と名を変え、12日(木)、東京にて録音の運びとあいなりました。突然の話に少々戸惑い気味ではありますが、久し振りのレコーディング、懐かしい気心知れた、信頼のディレクター、エンジニア、ミュージシャン達がガードを固めてくれます、とても楽しみです・・・。

「浅草・・・」なので、慧眼の読者諸兄は、ご推察のことと思いますが、プロデューサーは勿論、そうです、あの、「染太郎の社長」(笑)!亡きママさんへの追悼曲なのであります・・・。



| kamaken | kamaken musik | 13:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
  「濡れ色の想い出が・・・」
  
   <dali さんのブログから無断転載・・・>
    ♪♪♪
      小さな喫茶店 母と娘が向かい合う
      「ごめんね」と母が言う 娘は黙って頷く
      二人に 挟まれたデーブルの上 冷めてしまった紅茶
      ふと 顔を上げた娘の目には 母の中の女が映る
      濡れ色の想い出が 夜に溶けて星になる
      そして 君はこうして僕の傍で 女を生きている
                                     ♪♪♪
   「何だか切なくて、でも、嬉しくて、・・・。」


| kamaken | kamaken musik | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>