鎌倉研劇場 プロフィール ディスコグラフィー 掲示板
スケジュール 日記 リンク集
トップページへ戻る 鎌倉研からのお知らせ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「43年振りの邂逅」
>>>3月16日(火)宮本武蔵 〜Vagabond 〜 

小学校4年生の時「紙芝居」制作の宿題が出た。父は勝手に「宮本武蔵と佐々木小次郎、巌流島の戦いにしろ」と。というのは、私は父に「武蔵」の本を買ってもらったばかりだったからだ。その本の挿絵を父は丸写しして紙芝居を作成、私は学校に提出しただけ。宿題は見事優秀賞、クラス代表として発表会に臨むことに・・・。幼い私の心は罪の痛みに張り裂けそうだった(お父さんのアホ!泣!)。好きだった「宮本武蔵」が嫌いになった瞬間だった・・・。
ここ何日か通っている整骨院に「バガボンド」というコミックが並んでる。何気なく手に取ってみると、何だ、宮本武蔵じゃないか・・・!43年振りに再会した武蔵はアナーキーでニヒルな劇画に生まれ変わっていた。複雑な想いで、でも夢中で読み始めた。
 
| kamaken | カマケン・コミック | 13:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
  「内田百痢^に捨鷦屐
  
>>>2月19日(金)内田百痢△いぁ

先日、お客さんのN さんに「阿房列車」(アホウレッシャと読む)という漫画をプレゼントして頂いた。N さんから頂く漫画はこれで2冊目。漫画と言ってもこの「阿房列車」は内田百里凌鑄(本人は小説と言ってる)を一條裕子という人が漫画化したもの。
これがいいのだ!原作を読んでいないので分からないが、恐らく、原作の清廉さみたいなものを忠実に保ちながらの、出過ぎないタッチ(描写)が魅力ではないか。漫画を超えた叙情と深淵な余韻を感じる。鉄道好き、へそ曲がり好き(?)には堪らない。戦後の鉄道が戦前の運行水準を回復しつつある昭和20年代半ばという時代背景もいい。内田百痢△箸討睫滅鬚ぁ0に捨鷦屐∨榮2回目の乗車。(N さんに感謝)
| kamaken | カマケン・コミック | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>