鎌倉研劇場 プロフィール ディスコグラフィー 掲示板
スケジュール 日記 リンク集
トップページへ戻る 鎌倉研からのお知らせ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「鎌倉拳銃 〜疑惑の銃弾〜」

◆12月23日(月)「少々不謹慎ではありますが」
先週世間を騒がせた「餃子の王将社長射殺事件」、凶器は“ベレッタの25口径”(↑)との報道があったが、ピストル大好き少年の僕としてはベレッタじゃなく“マカロフPMの25口径”(↓)と推理している(笑)。「ベレッタ25口径」は007ジェームズボンドが使用するピストルの最有力候補になったが結局「ワルサーPPK」が選ばれた。ベレッタはイタリア製で、平成23年度の拳銃押収総数375丁中イタリア製はわずか2丁(ベレッタかどうかは不明。警察庁刑事局銃器対策課資料)。勿論、ベレッタはアメリカからフィリピン経由の密輸も考えられるが。

それに対し「マカロフ」は「トカレフ」の次世代型で、旧ソビエト軍、準軍事組織等で採用。ソビエト連邦解体後はヨーロッパ・アジア各地域に拡散、日本での押収数も38丁(同上資料)。中国でも製造されているし、日本への流入は大いに考えられる。また25口径は殺傷能力は低くどちらかというと護身用。しかし「マカロフ」は同じ25口径でも従来のPM弾より強化型のPPM弾が開発されているし、至近距離では殺傷能力も高い。

(↑↑まるでマカロフのワゴンセールだ!)
今回の事件では4発の薬莢が発見されているので、ピストルの特定も近い。さて、世直しケンちゃん(まぼろし探偵カマケン)の推理や如何に?


 
| kamaken | kamaken weapons | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>