鎌倉研劇場 プロフィール ディスコグラフィー 掲示板
スケジュール 日記 リンク集
トップページへ戻る 鎌倉研からのお知らせ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「Sochi Olympic 2014」

◆2月8日(土)「恵美ちゃんの誕生日」
午前1時過ぎ、Osaka Izumiは雪。
ほとんど興味がなかったはずの、
「ソチオリンピック」開会式の生放送に釘付け。


国家・地域を超えた人類自我本来の平和に、
純粋で清廉な尊さを思った。
しかし、その裡に蠢く身業・意業、

不毛争いもまた絶えることが無い。


なるほど、平和の祭典ではある・・・。



 
| kamaken | 呟き・・・ | 10:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
「夕焼けは甦りの扉」


◆1月23日(木)
夕焼けには、人の心を感傷に染める仕掛けが隠されている。その日の終焉を告げ、夜の深淵に過去と未来がすれ違う。悠久の太古から繰り返されている甦りのイニシエーション。その永遠の生命維持の扉の前で、僕たちは何ら為す術も無く、ただ、心濡らすだけなのだ。


| kamaken | 呟き・・・ | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
「生死の中の雪ふりしきる(山頭火)」

<年の瀬>
昨日、大阪和歌山に激しく雪が舞った。
今年の夏頃から届いた喪中葉書4枚。
葉書は来なかったけど3人の訃報。
もうすぐ正月がやって来て、
「謹賀新年、賀正」などと葉書が届く。
そして、2014年もまた、
「この道しかない春の雪ふる(山頭火)」。
  〜photo by Mr.ザビエル〜 





 
| kamaken | 呟き・・・ | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
「季節季節が素通りする〜♪♪」

◆10月18日(
木)
台風26号は大きな爪跡を残した。真冬や春に台風は来ない。自然の営みに僕達は総てを委ねてしか生きてはいけない。人間が創造と破壊を繰り返す社会や制度は、いつまでたっても不完全なままだ。せめて、美しいものを美しいと思える感性を信じよう。季節季節の花がある、いったい何て言う花だろう?可愛いね。


| kamaken | 呟き・・・ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
「退屈の克服」
◆1月15日(火)
「初めまして、ノン助です」
な〜んにもしないでいても腹はへる。
な〜んにもしないでいても時は経つ。
2013年1月も半ばを過ぎた。
何もしないことが、
何かしたときより良かったりもする。
何もしないでいるというのは退屈である。
それでも、何もしないでいるというのは、
退屈を克服する。
退屈を克服しても想いはメグル

        (写真モデル:鎌倉ノン助)


 
| kamaken | 呟き・・・ | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
「冬の列車」

◆1月12日(土)
  キーンと張りつめた冷気の中、
  いったい何処へ行こうというのだ。
  
  切なくて、哀しくて、寂しくて、
  それでも優しく、逞しく、希望までも携えて、
  今、発車のベルを待つ・・・、
  凍てつくことなど決してない、そう、冬の列車だ!

  暖かなその座席に腰掛けているのは・・・・、だれ?

                  (写真:中川イサトさんのFb.より)



| kamaken | 呟き・・・ | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
「あれから42年」

◆11月25日(日)
あの時僕は中学2年生だった。
親父が酷く悲嘆していたのを覚えている。
「仮面の告白」、「音楽」が好きだ。
あれから42年、時代を超えた MISHIMA 、今も僕の内に蠢く。


 
| kamaken | 呟き・・・ | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
「鎮魂の日々」

◆10月31日(水)「金木犀が眩しく匂ってた」
誰かさんが見つけた小さな秋はとても寂しい秋だ。
公人、知人、友人が次々と逝ってしまわれる。
そんなにあの世は魅力的なのか?
いや、
こんなにも生き難く、痛ましいこの世なのだ。
この世とあの世の隙間でドアマンも、別に臆病なわけじゃない。
そして今日で10月が終わる。
「合掌」。


 
| kamaken | 呟き・・・ | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
「同じ轍を踏む」

傷つけ、傷つけられるのが人の世か・・・?未成熟な自我は酒の気配に紛れて、虚しい咆哮を始める。僕の血の深淵に蠢いてやまない汚濁の感情は、軽々と理性の壁を越え、言葉の暴力となって他人(ひと)の心を蹂躙、支配する。あまりに不条理で不毛に過ぎる。何度同じ過ちを繰り返して来たことだろうか、成長や熟達というものは、僕の潜在には無いのだろうか。
(・・・2012、この夏は、どうもイカン、イカン!のでありました)
| kamaken | 呟き・・・ | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
「Profile」
  
◆10月1日(月)
何もしないでも、時は過ぎる。もう10月だよ。男の横顔にはこれっぽっちの悔恨もなく、ただ徒に齢を重ねただけの、まるで自らを嘲るかのような薄笑いだ・・・。ああ人生とはかくも虚しく過ぎてゆくものなのか、oh!my profile!
 
| kamaken | 呟き・・・ | 14:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>